クラミジア症状や治療薬

クラミジアの感染経路

 

クラミジアは非常に感染力が強く、一度の節セックスで相手がクラミジアを持っていた場合50以上の確率で感染します。

 

クラミジアの感染は相手の粘膜や体液によって感染される事がほとんどでこれ以外の条件で感染するケースは稀と言えます。

 

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が原因の病気で、この菌は乾燥に弱く一旦外に出た物はほとんどがすぐに死滅してしまいます。

 

又クラミジアに感染しても数年後には体の免疫力で治ってしまうケースが多い様です。

 

クラミジアの感染経路に関しては、性行為以外の部分はよくわかっていないのでこれ以外のことで感染するケースもあります。

 

クラミジアは感染しますと、男性の場合は尿道に住み着き女性の場合は子宮頸部(膣の奥の部分)の粘膜に寄生します。

 

男性の場合には放尿する事でほとんどの場合外に排出されてしまいます。

 

ですので、クラミジアの保菌者はほとんどが女性になります。

 

クラミジアは比較的ありふれたせ性病で、10代後半〜20代前半の女性の10人に1人はもっていると言われてます。

 

一部の人は数年で自己免疫により消えてしまう人がいますが、一部の人は何年経ってもクラミジアが住み着き、お産の時の検査で自分がクラミジアに感染している事を知るケースもあります。

 

また自分がクラミジアである事が分かった場合には、隠さず相手にも知らせる事が重要です。

 

このまま黙っていますと、いつもで経ってもクラミジアを防ぐ事が出来なくなってしまいます。

 

相手が他の女性と関係を持った場合には更にクラミジアの感染を広げてしまいます。

 
クラミジア治療薬